譲渡性預金 利率

譲渡性預金の利率【譲渡性預金Guide】

譲渡性預金の利率

譲渡性預金の取引方法は、CD現先ともいわれる条件付売買が殆どです。

 

条件付売買というのは、一定の価格において買い戻す(売り戻す)ことを一定期間の後と決めてから行う購入・売却取引をさします。

 

取引の収支の計算は、現先レートといわれる金利により行われます。

譲渡性預金は銀行にとって大切な短期資金調達手段として、コールに匹敵します。

また預金者にとっても有益な短期投資商品であることは間違いないでしょう。

 

そのため短期金融市場金利の指標になるべきものとして、譲渡性預金の利率が日本銀行発表の統計データに記されています。

譲渡性預金発行残高も同じように、短期金融市場残高の指標となる大切なものといえます。

 

マネーサプライは毎月、日本銀行により調査され発表される、全ての金融機関(日本銀行を含む)から経済全般へと供給する通貨量をいいますが、譲渡性預金は、マネーサプライ(通貨供給量)を把握するためにも大切な役割を果たしています。

 

日本銀行には景気の安定を目的とし、インフレ時やデフレ時にマネーサプライを適切な正しい水準に調整する役割もあります。

 

好景気の場合は、銀行から借り入れせずに企業が設備投資を行いますので、お金の量が増えてインフレをまねくことで物価高騰が懸念されますし、また逆に、不況の場合は、企業が必要でも銀行は貸し出さないのでデフレの心配が出てしまうのです。

 

M2+CDといわれる、M1(現金以外に、普通預金、当座預金、通知預金など常に引き出し可能で流動性が高い預金)に、準通貨(解約により、すぐにM1にできる定期性預金)を加えたM2と、CDなどを合算した指標があり、こちらもマネーサプライの指標としてい重要視されているものとなっています。