譲渡性預金 メリット

譲渡性預金のメリット【譲渡性預金Guide】

譲渡性預金のメリット

譲渡性預金は、発行者の意向で金利を決められる、自由金利です。

そのために発行した側ではスムーズな資金集めが可能となり、また預金する側では短い期間で高い利率を見込むことが可能という利点がうまれます。

 

満期前に市場で譲渡できることから、満期保有目的以外の市場にも参加でき、結果として市場への参加者が増えることで規模が大きくなり、流通も活発になります。

さらに参加者が増えるということは価格がより公平に、効率的に設定されることにもなりますので、一石二鳥ということができます。

 

また外貨建によって発行される譲渡性預金の場合、外貨の調達が可能なために、欧米ではとても発達しているといいます。

 

外国法人が発行している譲渡性預金は、外貨建てMMFなども含んでいるようですよ。

マネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)がMMFの略で、主に短期における金融商品(公社債など)を運用しています。

 

とりわけ米ドル、ユーロ、豪ドルなど円以外で運用されるMMFを外貨建てMMFと呼んでおり、それらは、格付けが高いとされる政府保証債、国債や地方債、社債などが含まれているため、安全かつ安定しており、そのために外貨預金と比較しても高金利といえるでしょう。

 

さらに嬉しいことに、換金はいつでも可能ということです。

 

また外貨MMFは購入売却ともに為替レートが有利です。

為替手数料は、外貨預金で適用されるTTS/TTBよりも小さいということです。

 

通常の場合、米ドルの為替手数料はおおよそ0.50円、銀行などで適用されるレートにおける為替手数料はおよそ1.00円の半分だそうです。

 

 

新車購入 値引き